振袖のレンタルを行う業者で働く為には?

最近は、振袖のレンタル需要が高まっています。振袖は、未婚の女性が若い時期にしか着られないものでありながら、クリーニング代が高額であり、防虫剤などを用いて保管しなければならないなど、さまざまなコストや手間が必要なものです。人生で数回しか利用することがないものであり、イベント時だけレンタルすることは非常に合理的とも言えます。

そういえば成人式の振袖レンタルを行っている業者で働く為には、呉服屋や着物屋、振袖のレンタルショップなどに就職するか、パート、アルバイトなどで職場を見つける必要があります。

呉服屋や着物屋などで、正社員として働く場合は、新卒として入社することが一般的です。これらの業界でパートとして働く場合、経験者でなければ職を得ることは難しいのが実情です。

また、中途採用で正社員になる方法もあります。ただし、呉服屋や着物屋は伝統的な業界であり、大企業のようなトレーニング制度が整っているところは少ないため、自分で学び、吸収していくことが求められます。

自分で振袖をレンタルしたりするなど、気に入っている業者があれば、ホームページの採用情報をチェックすることで求人を確認できる場合があります。転職エージェント会社でも、振袖のレンタルを行う業者の求人情報を持っているところがあります。

振袖をレンタルする時期について

女性は成人式に振袖を着ます。近年ではその振袖をレンタルする方が増えています。これにはメリットが多いからです。まず、着物というものはとても高額です。成人式、結婚式のお呼ばれなどくらいしか着る機会のないものにお金をかけるのは負担が大きいことがありますが、レンタルなら手ごろな金額で借りることが出来ます。また、購入した場合にはその保管も必要です。

虫食いや湿気などに気を付ける手入れをする必要があります。そうしたアフターケアをしながら保管するのは大変なことです。レンタルはたくさんのデザインの中から好みや似合うものを選べる良さ、新作も低価格で借りられること、アフターケアが要らないこと、小物などがセットでついてくることなどメリットが多くあるので現代の風潮に合っているのです。

そしてその振袖をレンタルするのに最適な時期は1年前なのです。人気の柄や色の物は3月くらいには予約が埋まってしまいます。そして、前撮りをすることも多くあるので、成人式の前年の前には記念写真を撮る人が増えているのです。もちろん秋くらいまでに予約すれば間に合いますが、着たいものが予約で埋まっているとせっかくの一生に一度の経験が少し残念な思いをしてしまうことになりかねないのです。

振袖のレンタル業者の見極め方

振袖をレンタルする時は優良な業者を見極めなければなりません。料金は明確に示していることが大切です。振袖はレンタルだけでも数万円~数十万円かかります。

悪質な業者は料金を隠しておいて、最後に根拠のない高額なレンタル代を請求することがあります。また振袖の知識をしっかり持つ業者が良いです。振袖は成人式でよくレンタルされていますが、着物の専門的な知識を持っている人は少ないです。

色の合わせ方や柄の選び方など、その人に合った振袖を見つけるには業者の的確なアドバイスが必要です。特に成人式で着る場合は写真に残すのが一般的なので、何十年後に写真で振り返っても恥ずかしくない物を着なければなりません。

経験を積んでいる業者は専門知識を備えていることが多いので、利用客が多い業者を探すと良いです。お金儲けをしたいだけの悪質な業者は利用客からのクチコミが悪く、徐々に利用客が減っていく傾向にあります。

今までに何百人もの女性に振袖を選んでいる業者なら、品揃えにも気を配っているので選択肢が増えます。セットやパッケージで契約すれば費用は抑えられますが、人気のない振袖をレンタルすることになりかねないので、料金の安さだけで勝負している業者も避けます。

振袖のレンタルで失敗しない秘訣

振袖と一言でいっても着物のクラスが色々あり、同じグレードであればレンタルのほうが料金がお得です。手入れや保管の心配もないため、振袖の着用機会が少ない方を中心に人気を集めています。
レンタル時で失敗しないための秘訣として、必ず試着をするということがあります。現在ではパンフレットやネットなど情報が豊富にあり、自分の希望に合った振袖をイメージしやすい環境にありますが、実際に試着してイメージと違うという場合もあります。決定する前に必ず試着して、様々な角度から確認するようにしましょう。
また振袖には草履やバッグといった小物が必要となります。料金の中にそういった小物が含まれているのか、成人式や卒業式といったイベントの場合は着付けサービスの有無も合わせて確認するようにしましょう。着付けと合わせて当日のヘアメイクも確認も必要です。店によっては別料金となっている場合もあるため、事前に確認をし当日慌てないようにしましょう。
返却時に振袖のクリーニングは店と自分どちらがするかということも確認が必要です。着物のクリーニングは通常のクリーニング店で受け付けている所も多くなく、あっても料金が高めになっているため後々のトラブルを避けるためにも事前に確認しておきましょう。

振袖をレンタルで借りれる期間

最近は、振袖を購入するのではなく、レンタルで一時的に借りる女性が多くなっています。振袖を購入しようとすると、まとまった金額が必要になり、クリーニングなどのメインテナンスコスト、保管方法の大変さなどから、レンタルで済ませることが増えています。

振袖レンタル需要がピークになるのは、成人式です。また、短期大学や大学の卒業式で、振袖をレンタルする人も多くなります。そのため、毎年1月から3月は選択肢が少なくなる可能性があるため、成人式や卒業式などで必要な場合は、あらかじめ予約をしておくことが重要になります。

着物屋では、1年前から予約を受け付けてくれるところが多いため、イベントの時期があらかじめ決まっている場合は、早めに予約を入れることが重要になります。新作などの人気トレンド柄でなければ、2カ月くらい前に予約をすれば、多くの振袖レンタルをすることができます。

4月から12月までの間で結婚式などがあり、そのタイミングで振袖をレンタルする場合、1月から3月のピーク時と比較して、より多くの選択肢がある可能性が高くなります。ただし、身長が高かったり、低かったりするとサイズの合うものが限られることがありますので、その場合は早めの下見が重要になります。